PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

保護猫「助」さん退院(^_^)と、「挌」さん入院 (T_T)

1492959207412.jpg

入院していた「助」さんが、退院してきました 
良かったー、本当に、良かった。。。
心配しました。

ちゃごさん、多忙のため、タクママが面倒をみています。

入院中、血液検査をやり、レントゲンを撮り、CTもしました。
パルボ検査もしましたが、パルボではありません。

結局のところ、原因ははっきりせず、
ウィルス性の胃腸炎ではないかということでした。

吐きすぎにより、気胸が出き、
気胸を針でつき、肺の空気は出しました。
ですが、現在、また少し溜まりつつあるが、自然に吸収されるであろうとの、獣医師の見解です。

完璧に下痢が治っているわけではなく、
頻繁にをしますが、食欲はあり、沢山食べています。

賢い子でね、トイレもちゃんとして、眠くなったらハウスに入って寝ます。
いじらしくて涙が出ます 

1493030018010.jpg

まだ、完全に安心はできませんが、元気に大きくなって欲しいです。


「助」さん退院の同日、「挌」さんが入院しました 

1492778577776.jpg

この子も、助さんと同じ症状です。
食べなくなりました。
ミルクや、経腸栄養剤を与えたりして、様子をみていましたが、
限界を感じ、入院となりました。

元気になって帰っておいでよ!
待ってるからね。


小さな子猫は可愛いです。
だけど、体調は急変します。
人間の赤ちゃんと同じです。
同じ命なのにね、野良猫は、具合が悪くなっても放置される。
死んでも仕方ないと言われる。

私達は、好きでボランティアをやっています。
「金儲けにもならないのに、アホだなぁ」
と、笑う人もいます。
そんな笑う人が捨てた命を、受け止めているのです。

救っても救っても、限界があって、
命を救うには、「医療費」というお金が必要で・・・
自腹を切り、善意の方のご寄付や、フリマをやったりして資金を稼ぎ、何とかしのいでいますが、
保護っ子の調子が悪くなったりする時に、ほとほと落ち込むのです。

無責任な人間が、どうでもいいよと見放した命に、
私達は必死で向き合うけれど、
まるで、「ザルで水を汲む」ようだと思う。
私達の祈りは、届いているのかと思う 

小さくても尊い命、
見捨てないでください!
家族と迎えたなら、命の尽きる最後まで、面倒みてやってください。
責任の取れない繁殖をしないでください。
人間が平和に暮らしてる今日も、明日も、無責任に見捨てた小さな命は、消えているのです。




入院してる「挌」さんに、頑張れよの応援ポチ、よろしくお願い致します

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。皆様のポチが励みとなりますので、よろしくお願いします

押していただけると、嬉しいです       
関連記事
スポンサーサイト

| 保護猫「助・格」 | 22:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

助さん、格さん頑張れ‼︎

タクママさんはじめ命の輪の皆様には、本当に頭が下がります!
私もテレビなどで殺処分される動物のことを見る度に心が痛んで憂鬱になっていましたが、皆様のように行動に移せないでいました。
何も悪いことをした訳でもなく、精一杯生きている動物たちの命を奪う私達人間は、まるでナチスのようだと思います。
地域猫活動とかに参加したいけれど仕事に追われる毎日で、何もできない自分が歯がゆいです。
何かお手伝いできればと思うのですが、、、

尊敬する命の輪の皆様、どうかくれぐれも怪我などしないよう、お身体を大事にして、可愛い動物たちのために頑張って下さい‼︎

| おにじゅん | 2017/04/25 15:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/883-bc8be7a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT