PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

恐ろしい相談事

あちこちで乳飲み子が生まれたと耳にするようになりました (>_<)
又、野良猫の相談事が、日々入るようになりました。

今日の相談事。

「野良猫に餌をやっていたら、2匹の♀猫が妊娠し、困っている。」

要約すれば、こんな話でした。

よくある相談なので、
「堕胎できる時期なら、捕獲して手術をしましょうか?」
と、申し上げました。

「ただし、手術代金と、病院までの交通費はお願いしますね」
とも、申し上げました。

私達は、捕獲する道具も、技も持っているので、それは勿論ボランティアでさせて頂きます。
だけど、手術代金や、病院まで搬送する交通費は、依頼者の方に出して頂く。
それが当たり前だと思っています。
餌をやって増やした責任は、あるはずですから・・・

捕獲の話を進めておりましたら、
相談者の方が、こう仰った。

「お腹の胎児ごと、母猫を安楽死させてくれたら、助かるんだけど・・・」

タクママ、血の気がひきました。

冗談じゃない!!!
堕胎することだって、気持ちのよいものではありません。
いつも、いつも、猫に詫びながらやっているのです。

生まれて幸せになれるなら、みんな産ませてやりたいですよ。
だけど、現実はそうではない!

産まれてきた全ての子猫は、半分も育たないのです。
生き残ったとしても、嫌いな人間に疎まれて、辛い野良猫生活を強いられる。
それならば、産まれてこない方が、良いのではないかの判断で、
あくまでも、人間の勝手な都合で、
野良猫達に不妊手術をしてもらってるだけなのです。

それなのに、母猫ごと殺してくれ!とは・・・

憤りを通り過ぎて、悲しくなりました。
口では、「可哀想だから」と言うくせに、本心は、「目の前から消えてくれ」だった。

こんな相談は初めてでした。
勿論、お断りしました。

思い切り、罵ってやりたかったです。
だけど、それをやれば、目の前の猫達のせいになる。
「お前らがいるから、文句を言われるのだ」
と、罪なき猫達が犠牲になる。

これが、現実。
たかが犬猫。
軽い命 
情けない。。。





応援ポチ、よろしくお願い致します

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。皆様のポチが励みとなりますので、よろしくお願いします

押していただけると、嬉しいです       

















関連記事
スポンサーサイト

| 想い | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/865-7a7391e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT