PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

心優しい人と、そうでない人

又、こんな時間になりました  (ノ_<)
もっと早く寝たいのだけど、やる事一杯でございます 

昨日、タクママは、お二人のご婦人に会いました。
どちらも、そこそこお歳はいってらっしゃったので、「お婆さん」かなぁ・・・

全く、正反対のお二人でした。

お一人は、ご自身の年齢から、若い保護っ子は引き受けられないと、
あえて、シニアの動物の里親さんになってらっしゃるお婆さん。

「これでもう3匹めなんです」
と、大事に大事に、抱っこして、動物病院に来ておられました。
少しの変化にも迅速に対処されて、心配なさるそのお姿は、
とても感動するものでした。

お歳がいってから、早くに見送らなければいけない子を、あえて引き受けること。。。
辛いですよ。
何度、悲しみを乗り越えないといけないのか 

その上、シニアっ子を引き受けるという事は、もれなく病気が付いてくる。
医療費が半端なくかかります。
それを全て引き受けられるのですから、なかなか出来る事ではありませんよね。
ご立派だと思いました。
そんな方に引き取って貰えた犬猫は、本当に幸せです 


もうお一方は、正反対の無責任な餌やりお婆さん。

野良猫に餌だけやって、子猫が生まれたら、捨てに行くのだと、仰る。
しかも、絶対に、子猫には生きながらえない場所だという。
その話を、どこにでもある世間話のように話すお婆さん 

ちょっと、待って!と思いました。
親猫を手術すれば、不幸の連鎖は止めれる。
連絡先を渡そうと思いました。

だけど・・・
お婆さんは、「もう、ええから」と、去って行かれました。

お婆さん、貴方は、この先も、ずっと子猫を生ませ、そして殺すのですね。
それでいいの?
餌を貰ってる猫達は、きっとお婆さんを信じてるのでしょう。
だから、お婆さんの前に子猫を連れてくる。
殺されるとも思わないで・・・

お婆さん、罪を作ってるよ。
それでいいの?
本当にいいの?
貴方に殺された子猫は、貴方を決して許しはしないって、私は思うけど・・・

命を救う人と、殺す人。
同じ人間なのにね・・・
悲しいね 






応援ポチ、よろしくお願い致します

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。皆様のポチが励みとなりますので、よろしくお願いします

押していただけると、嬉しいです       
















関連記事
スポンサーサイト

| 想い | 23:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

衝撃的なお話で、
血の気が引きました。

その方の餌やりで、
知り合って結ばれる
にゃんこ夫婦もいるでしょうに・・。

「子猫は要らない」という思いは、
どこから湧いてきたのか?

考えれば考えるほど、
空恐ろしさを禁じえません。

無責任な餌やりと
命をなんとも思わないこととは、
奥底で通じているのかもしれませんね・・。

| すず❤ママ | 2017/03/14 10:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/852-dc7fa600

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT