PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猫のお尻の話 (=^・・^=)

昨日、「ダン」君と「さんま」ちゃんは、里親様のお宅へと行きました 

落ち着きましてから、記事をUP致しますね~

1486300781620.jpg

ダン君の里親様より、沢山のフードと、私にまでお菓子を頂きました。
ありがとうございました 

お届け後、ご支援者様にお会いし、ご寄付を頂きました。

1486300793228.jpg

お寒い中、募金活動までして頂き、本当にありがとうございました。
感謝致します 


さて、今日は、下ネタ~ (笑)
猫のお口の中の状態も、すごく大事な事だけど、
お尻の状態も、すごーく大切 

「口」がある生物は、「口」から食物を食べて、
お腹の中で栄養を消化吸収しながら、食物のカスを「肛門」から排泄するわけです。

タクママは、猫達のお口の中もチェックするけど、
肛門も要チェックなのだー 

先ずは、付いていないかなぁ?

人間も同じですが、健康な君は、キレも良い(笑)
だから、トイレットペーパー必要なしくらいに、肛門はスッキリ綺麗(笑)

猫も下痢の場合は、やっぱり肛門にが付きます。
猫は紙で拭いたりしないから、自分のお口で舐めて綺麗にします。
それでも、不快な場合は、お尻を床にこすりつけたりする動作をします。
この動作をする時は、いろいろな原因が考えられるから、しっかり見てあげてくださいね。
寄生虫、下痢、便秘、ストルバイト結石、肛門嚢炎等々・・・
普段は、そうそう頻繁にお尻を舐めたり、こすりつけたり、そんな動作は少ないです。

次に、炎症起こしていないかなぁ?

普通は綺麗なピンク色。
赤くなっていたり、腫れたような感じがしたりするのは、何か異常があるからです。

人の肛門と、猫の肛門の違うところは、猫の肛門の両隣に、小さな穴(肛門嚢の開口)があります。
肛門嚢(こうもんのう)と呼ばれていますが、
肛門を中心に、4時と8時の位置に小さな穴が開いています。
肛門嚢の中には、肛門腺からの分泌液が蓄えられていて、これは匂いも粘り気も色も、個体によって違います。
人間の体臭と同じですよね。
猫同士は、この匂いを嗅いで、相手を認識してる訳です。

分泌液は、をする時に一緒に排出されていくのですが、
上手く排出されなくなったら、「肛門嚢炎」になります。
炎症が起こって、膿が溜まって破裂したりして、大変な事になります。

なので、タクママは、毎日、肛門チェック (笑)
時として、臭いも嗅ぎます (笑)
この時は、決して、顔を近づけ過ぎないように~
フライングされて、肛門にチューすれば、変態を通り越してヤバイです 

肛門嚢の開口口に角栓のような物が詰まっていたら、迷わず手で取り除きます。
ピンセットとかね、危ない、危ない。
皮膚をつまんだら、痛いよ~
敏感な場所ですからね。
指で、そっとつまんで、ティッシュにポイ。
お湯に浸したコットンで押さえて取るのもいいわね~
角栓が柔らかくなりますから。

で、最後は、ちゃーんと、お手手を洗って、殺菌ですね 

可愛い猫達の健康を維持するのは、飼主ですから!
皆様、肛門チェック、やってあげてくださいね 



ポスター

2/12は、譲渡会。
可愛い保護っ子、見に来てやってくださいね~ 




変態タクママに応援のポチ、よろしくお願い致します

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。皆様のポチが励みとなりますので、よろしくお願いします

押していただけると、嬉しいです       

関連記事
スポンサーサイト

| 想い | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/822-e49cf506

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT