PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タクママの独り言

今日は、「タクママの独り言」です。

世間を騒がせている高畑敦子さんの息子の事件。
母親である敦子さんの会見を見ました。

辛かった。
悲しかった。
確かに、敦子さんの息子の犯した罪は許されない。
その事に擁護はしません。

だけど、芸能人だからといって、あそこまで、心をえぐるような質問をしないといけないのか?
もう、十分傷ついているでしょう?
傷口に、塩を塗りこむような言葉の攻撃。
何度も同じ質問をし、どこまで傷つければいいのか・・・

タクママも人の親です。
親の立場から、ものを言わせてもらうなら、
高畑敦子さんは、気の毒でしかなかった。

1時間以上、立ちっぱなしで、礼儀をわきまえ、毅然とした態度で、
ひたすら頭を下げる。
親として、ご立派だと思った。

だからこそ、その反面、見ていてこちらも悲しくなった。
子供が何かやれば、親の躾が悪いと言われる。
息子の性癖まで聞く取材者。
そんなこと、母親だって、解る訳ない。

酷いね。
マスコミは、酷い。
芸能人だからって、心まで切り刻んでよいはずはない。

高畑敦子さん。
頑張ってください。
これからも、女優として、一線で活躍してください。
応援しています。


こんな事、ここに書く記事ではないでしょうが、すみません。
同じ親として、思いを伝えたかった。









関連記事
スポンサーサイト

| その他 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/685-dc493d17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT