PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

救える命が僅かだからこそ・・・

毎日、毎日、私達が住むこの日本の国の中で、理不尽に殺処分をされている犬猫がいます。
又、人知れず、亡くなっていく動物の命も沢山あります。

チーム命の輪で、保護できる動物の命は僅かです。
その事に、いつも情けなく思いますが、自分たちのキャパを超える保護はできません。

だからこそ、その救えた僅かな命は、もう二度と不幸にはしたくない。
それが、私達の願いです。

人間よりも命の値が劣ると考えられている日本の動物愛護に対する法律。
いらなくなったら殺処分。
飼主が持ち込めば、次の飼主への譲渡の道は、ほぼ無いと言っていい。
「物」と同じ扱いの犬猫の命。
悲しいです。
同じ命なのに・・・

守るのは、私達人間です。
一生の責任をもって、最後の最後まで、愛してやって欲しい。
心から、願います。

悲しい現実を目にする度に、自分たちの力の無さを嘆く毎日です。
国民の意識が変われば、動物を商品だと思う心が変われば、絶対に、理不尽な殺処分は無くなります。
変えていきたいです。
小さな弱い命を慈しむ日本でありたい。
それは、一人、一人の気持ちだと思います。

人も動物も、幸せな日本になりますように・・・・


1468461040198.jpg

生君、心から愛おしいです。
たった一つのかけがえのない命ですもの。。。




「ナツ・チョイ」の様子は、チャゴさんのブログ
「あさひ・あかり」の様子は、あんころさんのブログ
皆様、応援よろしくお願い致します。



応援ポチ、プリーズ 

ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。どうかお願いします 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなりますので、よろしくお願いします




関連記事
スポンサーサイト

| 想い | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/665-b7e246d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT