PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白黒祭りなのだろうか(笑) 新しい保護っ子です。

メンバー 宗さんのところに、新しい保護っ子が入っています。

宗さんのところに、目が酷い状態で外にいるという情報が入りました。
即刻、保護に出向きました。

1464317906384.jpg

ひゃー 白黒ばっかり~ 

タクママのところにいる保護っ子も、みーんな白黒です(笑)
    ↓
保護っ子一覧

何だか黒系ばかりの保護が続いておりますが、まぁそんな事は置いといて~ 

1464317892454.jpg

この子が、一番酷い猫風邪です。
放置すれば、失明が早いか、命が無くなるか?どっちかでしたね。
猫風邪のウィルスによって、目ヤニで眼が塞がり、鼻水で鼻も塞がります。
何も見えず、臭いもかげない状態では、目の前に食べ物があっても、解らなくなるのです。
塞がってしまった瞼の裏で、眼球は委縮し、食べれなくなってしまった体は、どんどん衰弱していきます。
人も同じですが、何も食べないでいると、「食べたい」という欲求が無くなり、食べ物を受け付けなくなってしまいます。
「何でも美味しく食べられるうちが最高だ」と言いますが、まさにその通りです。

1464317871228.jpg
1464317865958.jpg
1464317861230.jpg

生粋の野良猫の子ですから、今はまだまだ「パッパ、シャーシャー」
宗さんに、病院へ連れて行ってもらい、コンベニア注射を打ってもらいました。
命拾いをしましたね。
子猫は、悪くなるのも早いですが、良くなるのも早いです。
頑張れ! 宗さんパパ&子猫ズ 

丸投げ相談となりましたが、このまま病気の子猫を聞かなかった事にはできませんでした 
私は、何回も、「丸投げ相談はお断りします」と、書いています。

「丸投げ相談」とは、
たった1本の電話やメールで、私達ボランティアに、
「○○に可哀想な猫がいるから、助けてやって欲しい。
だけど、自分は保護もしないし、病院代も出せませんが、よろしく~」
といった事を言います 

で、私達が何も言わず、黙って助けたら、
相談者は、実際に何の苦労もせず、懐も痛まず、
「自分が言ったから助かったんだー。私のお蔭だね!」
と、なるわけです 

数年前、野良猫問題で困っていた人がいて、私は捕獲を手伝った事があります。
実際、動いたのは私だけで、その人は、ほぼ何もしませんでした。
全てが片付いた時に、その人が、
「地域の人が、あなたのお蔭と褒めてくれました~」
と、満面の笑みで言った時、私は、失敗したな!と思いました。
「助けてください」と、発信したら、お人好しの人が現れて片づけてくれた。
世の中、甘いもんだわね~
と、その人に思わせてしまいました 
私もバカでした。

私達はお金が有り余っての活動ではありません。
ボランティアだから、やって当たり前ではありません。
自腹を切り、時間を費やし、ただただ、動物達の幸せのために活動しています。

可哀想な動物を見つけた相談者自らが、まず行動でしょう?
何も出来ないではなく、何が出来るか?
「ここまではやれるけど、ここからはできない」
というのは、「相談しただけ~」というのと、全く違います。

相談者が可哀想な動物のために、必死で頑張る姿を見て、私達も共感します。
それならばと、協力もします。
先ずは、自分でできること、それを考えて欲しいと思います。



幸せ便り~ 

1464311944747.jpg

こまちちゃん(保護時 オパール)
大切にして頂いています。
幸せですね 


さぁ、明日は、「さち」のお届けと、野良猫の捕獲があります。
K君、君の出番だ (笑)



応援ポチお願いします。 

ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。どうかお願いします 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなりますので、よろしくお願いします 



関連記事
スポンサーサイト

| 保護猫「こうじ・まどか・ゆう」 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/614-69d30e4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT