PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猫の多頭飼育は、外からは見えない。

あちこちで、猫の多頭飼育崩壊の話をよく聞きます。

ブリーダー崩壊もありますが、猫の場合、圧倒的に、年配の一人暮らしの方の崩壊が多いです。

最初は、たった1.2匹だったのに、避妊去勢手術をしないがために、2.3年でアッと言う間に増えてしまうのです。
頭数が増えれば、お世話も出来なくなり、猫達は家の中で排泄をしたりして、床も畳も糞尿だらけになってしまう。
ご近所が臭い等で、これはおかしいぞ!と気が付いた時は、もうどうしようもないくらいの状況になってしまっています。
当の飼い主は、頭数すら解らない。
名前も無ければ、人にも慣れていない。
そんな多頭崩壊が、多くあります。

これが、外にいる野良猫ならば、「餌をやって増やしている」と、5,6匹になった時点で、近所から苦情が来ます。
今日も、野良猫問題で、ある場所へ伺っていました。
餌をやってる野良猫は、6匹。
相談をくださった方が、既に、3匹の手術をしたり、保護をしてくださっっています。
あと3匹。
この子達を手術しないと、問題は解決しません。

この場所は、住宅が密集していますから、問題は大きいです。
屋根に上がる。
車に乗る。
庭に糞尿する。
と、餌をやっておられる方は、ご近所から村八分の状態です。
「人と猫が、両方とも共存できるように考えていきましょう」
と、餌やりさん、ご近所の役員さんと、話をしてきました。

話が少しそれましたが・・・
密閉された家の中では、猫の多頭崩壊は、どうしようも無くなってからしか解らないという現実なのです。
未だ、避妊去勢をする術を知らない方も多くいます。
又、金銭が惜しいからという理由もあります。
ですが、崩壊してからでは、遅いのです。
そうなった時に、一番辛いのは、猫達なのです。

タクママの住む地域でも、保険屋さんや、セールスをしてる方から、
家の中に、とんでもない数の猫がいる家があると、話を聞くことがあります。
教えて欲しいと言っても、個人情報の関係で、教えてはもらえません。

崩壊になる前に、ご自身の生活が破綻を招く前に、一人で抱え込まず、何処かに相談して欲しいと思います。
その相談は、決して、猫を捨てるとか、保険所に持ち込むとかではなく、
人も、猫も、どちらもが幸せになる方法を考えて頂きたいと思います。

私達のブログを読んでおられる方の中に、もし、そのような方がおられましたら、
勇気をもって、メッセージをください。
一緒に、どちらも幸せになるように考えていきましょう。

先ずは、避妊去勢手術です。
増えて困るなら、必ず、避妊去勢手術をしましょう。
それが、人にも猫にも、一番幸せな方法だと思います。


1454822453500.jpg

あんこちゃん。




現在保護中のニャンズたち

強子ちゃんはメンバー ひなままのブログ のお家で、家猫修行中

又、イヴ・サンタ・クロスは、チャゴさんのブログ

皆様、どうか、応援よろしくお願い致します。



応援ポチ、プリーズ 

ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。どうかお願いします 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなりますので、よろしくお願いします





関連記事
スポンサーサイト

| 想い | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/514-01b20de7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT