PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本当の幸せとは?

今日は、急遽入った野良猫の相談で、メンバーの宗さんと一緒にとある場所へ行ってきました。

1446556035313.jpg

人馴れした母猫。
子猫を2匹連れていました。

ここは、車や人が頻繁に行き来する場所でした。
近くのお店の人達が、餌をやっています。
たまたま、ここを通りかかった優しい猫好きな人からのSOSでした。

「人に慣れ過ぎた猫は、この場所では、あまりに危険だと思います。
全ては、保護できないけれど、一番慣れてる子を、家に迎えたいと思います」

丸投げの保護依頼ではありませんでした。
依頼者の方自らが、
猫達のために、何が出来るのか?
どうすれば良いのか?
いろいろな所へ電話をかけられたそうです。
私達のところへも、勇気を振り絞って、メールをくださいました。

たまたま予定が無かったタクママは、メンバー宗さんに連絡し、早速この場所へ向かいました。

1446556048961.jpg

母猫が連れていた2ヶ月弱の子猫2匹、保護しました。
可愛いでしょう 

1446556166524.jpg

宗さんが、自宅に連れ帰り、ヒターを入れて、手厚く保護しています。

「こんな小さな子を、母猫と引き離して、可哀想に」
と、お店の方は仰いましたが、どっちが可哀想なのでしょう?

母猫が産んだ子猫は、この子達だけではなかったはず。
他の兄弟は、死んでしまったのだと思います。
今、保護しなければ、この子達の未来はあるのでしょうか?


依頼者さんが、迎えたいと仰った子も、保護をしました。

1446556083023.jpg

4ヶ月前後の子猫でした。
この子は、見知らぬ人にもすり寄って行き、誰にでも抱っこされるベタベタの子です。
餌をやってるお店の人が、名前までつけて可愛がっておられました。

突然現れた私達に、少し戸惑っておられ、
「この子は、ここのアイドルだから、みんなに可愛がってもらって、自由にここを行き来して暮らすのが幸せなんです」
と、仰いました。

私達が、
「本当のお家が出来るのですよ。
今夜から、何の心配もしないで、暖かい家の中で暮らせるのですよ」
と、言っても、私達が連れ帰る事を納得できないご様子でした。

「そんなに可愛いと思っておられるなら、貴方のお家に連れて帰ってあげてください。
こんな車通りの多い場所は、危険でしかありません。」
と、言いますと、
それには、返事をされない。

これから寒い冬がやってきます。
この場所では、冬場、野良猫が凍死するそうです。
そんな場所に、ずっとこの子を置くという。
お店が閉まった後、この子は、寒い夜の間、どこで暖を取るのですか?
生まれて初めて迎える冬です。
生き延びていけるのでしょうか?


1446556013895.jpg

依頼者さんのご自宅での写真です。


1446556008746.jpg

暖かい部屋で、玩具で遊ぶ姿。
これが、本当の幸せです。


野良猫に餌をやるなら、責任ある対処をしてください。
「子猫が生まれて可愛いなぁ」
だけではなく、
「そのうち自然に死んでしまうから」
なんて、言語道断です。

せっかく生まれてきたのに、死んでよい命など、ひとつも無い!!!

せっかく生まれてきたのなら、幸せにならないといけない。
動物は、人間が幸せにしてやらない限り、幸せになりません。

餌を与えた責任があります。
餌を与えた人が、増やした責任があります。
同じ命に対して、その子の一生の幸せを約束してやるのが、本当の責任です。

今回は、たまたま通りかかった心優しい方が、ここの野良猫達を気にかけてくださった。
そして、私達に連絡してくださった。
保護された子猫が3匹。
本当に良かったと思います。
あとの大人猫達は、これから避妊去勢手術をしていきます。

捨てるのも人間なら、救うのも人間。
皆さんは、どちらになりたいですか?




お帰りの際は、是非ポチッとお願いします。
ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。どうかお願いします 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなりますので、よろしくお願いします

     




関連記事
スポンサーサイト

| 保護活動他 | 22:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして

初めての訪問で、しかも過去の記事へのコメントで失礼します。

私自身の家と実家に元・野良さん・地域猫さんが居ます。

母親と私は安全な室内で毎日のゴハンに困らず安心して遊べる
環境は猫さん達にとって幸せだと思っているのですが・・・私の
主人は時々『危険はあるもの本来は広い空の下を駆け回ってい
たわけで・・・どっちが本当に幸せなんだろうね』と呟きます。
確かに、私たちが考える幸せを『不幸』と受け止める猫さん・
人も居るかもしれないですね・・・。
人それぞれ『幸せ』の捉え方は違う中での保護活動は大変だと
思いますが、これからも猫さん達の命の輪が繋がりますように
゚・:,。★゚・

一番に良いのはドームくらいの巨大な施設で沢山の猫さん達に
本当の意味で不自由と不安のない暮らしをしてもらえるのが理
想だけど無理だし・・・という心の葛藤を抱いていたところにこの
記事を見つけたのでコメントさせて頂きました。
何かをお手伝いできるわけでも無く、不快な気持ちにさせてし
まいましたら申し訳ありません。
念のための補足ですが、主人の呟きは本当にふとした時に思う
ようで、基本的には猫さん達が安全かつ安心した生活を送れる
事を願っている人です。

| がるぞ~ | 2015/11/13 15:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/456-edaddaca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT