PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

野良猫、これが現実

秋晴れの最中、ある相談がありました。

タクママは、相談者の方と、現場へ向かいました。

1443366288590.jpg

母猫2匹と、春生まれの子猫達。
この他にも、成猫と三毛猫の子が、2匹います。

相談者の方は、たまたま、こちらで野良猫を見かけ、
あまりの環境の悪さに、何とかしたいと、声をあげられました。

野良猫達は、この場所で、近所の方から、餌をもらっています。
今日も、その餌が残っていました。
見てみれば、キャットフードではなく、残飯に近いもの。
昔、昔の、猫マンマです 


猫は、肉食なので、穀物中心の餌では、栄養が足りません。
ここに居る野良猫達も、みんな小ぶりで、おそらく長生きは出来ないんだなぁと、思いました。

猫達を見るために、空き地に一歩踏み入れた時・・・
タクママの足元にあったのは、白骨化した猫の亡骸でした。

奥へ進むと、もう一つの白骨化した亡骸がありました。

あまりの光景に、言葉もありませんでした。

辺りは、ゴミが平気で捨てられている、非常に不衛生な場所です。
猫マンマを与えてるその近くで、猫が死んでいるのを放置できる餌やりの人。

決して、優しい人ではない!
タクママは、そう思います。

野良猫の命を軽く見てるから、死骸に何も感じない。
猫風邪をひいて、目がつぶれていたって、何とも思わない。
余った残飯を与えて、それで満足なのでしょうか?


1443366338159.jpg

相談者の方と、遺体を埋めました。
ウジもたからないカラカラに乾いた白骨化した遺体。
無念だったと思います。
病気で亡くなったのか、何が原因で命を落としたのか?
それは、もう解りません。

だけど、毎日見てる人が、具合が悪そうだなと感じ、
病院へ連れて行ってくれたら、この子達は生き延びれたのかもしれません。
あまりに憐れです。

この場所にいる野良猫達を、捕獲し、手術を施していく事になりました。
まだ若い相談者の方が、「手術代金を負担します」と仰っています。

死のうが生きようが、無視できる人間と、
こうして、たまたま出会った野良猫を救いたいと思う人。

どちらの人になりたいですか?
タクママは、絶対に、救う側でいたいと思います。

一番最後に、亡骸の写真があります。
苦手な方は、ご遠慮してくださいね。

不幸に命を落とした猫達へ・・・   合掌




★チーム命の輪 預かり様 チャゴさんのブログ

鮎&恋の様子はコチラ
  ↓
チャゴの保護猫預かり日記



お帰りの際には、是非是非、下記のバナーをポチッとお願い致します。

沢山の方に見て頂けますように、是非是非、押してね 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなりますので、よろしくお願いします

     









1443366279715.jpg

1443366272350.jpg
関連記事
スポンサーサイト

| 保護活動他 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/432-08ec954b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT