PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

終戦記念日、戦後70年めの今日に、人も動物も全ての命に、永遠の平和を願います。

今日は、終戦記念日ですね。
TVでは、多くの特集が組まれてました。

タクママは戦争を知らない世代ですが、タクママの実親は、戦時中を生き抜いてきました。
実父は、当時大阪にいて、戦火により兄弟を無くし、家を無くし、現住所に疎開して来たのだと聞きました。
又、タクママの旦那の実父の兄は、出兵し、外国で戦死したと聞いています。

今の平和な日本からは想像も出来ない時代があったのですね。
思想も違い、「天皇崇拝」という自由もない昭和初期の時代。
教科書でしか知ることのない、戦争を知らない私達には、現実味もありませんね。
でも、確かに、日本というお国のために、命をかけた方々がいらっしゃる。
感謝を忘れてはいけないですね。
命をかけ、国を守ってくださった方達の事。
戦後の日本を、ここまで立派に成長させてくださった方達の努力を・・・

戦争は、絶対にしてはいけないと思います。
「国のため、人と人とが殺しあう」
悲しいことです。
国を超え、人種を超え、地球上の全ての生き物に、平和があればと、切に願った一日でした。



昨日、タクママは、カコガワcatさんと一緒に、捕獲に出向きました。

1439627120018.jpg

1439627110976.jpg

捕獲された子猫たち。

野良猫を可哀想に思った方が、つい餌をやってしまい、ご近所から苦情が出たという、よくある相談です。
たかだか、数匹の野良猫が住むことさえ許されないのかと、悲しくなりますが、
「家に入れて、保護します」と、言われた相談者さんは、立派だと思います。

たとえ、避妊去勢手術を施したとしても、この場所は、野良猫の安住の地ではありません。
ここの住民の方のほとんどが、
「猫がいることが許せない」
そんな方達だからです。

タクママは、思うのですが・・・
「野良猫のTNRが大切」と、言います。
確かに、今の人間中心の世の中では、そうしないと、野良猫は生きていけないのだと、私も思います。

だけども・・・
人間が住みやすくするために、
野良猫達が、身をもって、犠牲になってくれてることを、
私達人間は、理解し、詫びなければいけないです。

生殖器官を、自ら取り除いて欲しいという犬猫がいますか?
どこにもいませんよ。
反対に、人間に対し、それを求めることは、大きな問題になりますよ。
つまりは、人が生きやすいための処置だということです。
いつの世も、人の手の中で、動物の命が左右されていると思います。
無駄な殺生は、やめましょう。
人と動物が、幸せな世の中にしていきましょう。
それが、地球を支配している人としての務めだと思います。



1439627039420.jpg

ナイトライダー様のお母様から、又大量のフードを頂きました。
ありがとうございます。
本当に、感謝をしております。


今日も暑かった、タクママ家の猫たち 

1439627047607.jpg
家庭内野良猫 双葉

1439627054933.jpg
家庭内野良猫 三葉

1439627061327.jpg
影の女ボス ピヨ

1439627069274.jpg
うちのボス シッポ

1439627092361.jpg
苛められっ子 キナコ

1439627099437.jpg
ルルとまる胡

1439627136824.jpg
最後に・・・まる胡の開き~ 

明日も、幸せな一日でありますように・・・
皆様、おやすみなさい。。。





★チーム命の輪 メンバー ヒナママのブログ

ヒナママの独り言


★チーム命の輪 預かり様 チャゴさんのブログ

チャゴの保護猫預かり日記



お帰りの際には、是非是非、下記のバナーをポチッとお願い致します。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなりますので、よろしくお願いします

     



関連記事
スポンサーサイト

| 想い | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/403-7d1febc7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT