PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猫を保護した時に、一番にすることは? 「乳飲み子編」

毎日のように、
「猫を保護したのですが・・・」
という相談があります。

以前にも書いたと思いますが、改めて、保護した時の対処法です。

今日は、「乳飲み子編」

乳飲み子といっても、生後0日から、離乳食が食べられるようになる1ヶ月過ぎくらいまでと幅広いですし、
個体の状態や育った環境によっても違います。
母猫とずっと一緒にいる子猫は、1ヶ月半を過ぎ、ボチボチ離乳食を食べる頃になっても、
お乳にかじりついてる事もあります。
人も猫も、マニュアル通りにいかないのが、子育てですよね 

まず、保護した子猫が、乳飲み子であるか、そうでないかを、見分ける方法は・・・

◎ 臍がついているか? → 臍は、生後5日くらいから、自然に取れます。

◎ 目が開いてるか? → 目は、1週間を過ぎ、2週間くらいまでに、開きます。
     この時期は、「キトンブルー」と呼ばれる青い目の色をしています。

◎ 歯は生えているか? → 子猫の歯は、生後2週間を過ぎると、乳歯が生え始めます。

◎ 耳の位置 → 生まれたばかりの子猫の耳は、下の方についていています。
     生後3週間を過ぎてくると、徐々に、耳が立ち上がってきます。

体重で、週齢を予測する場合もありますが、これは栄養状態にもよりますから、微妙ですね。

上記を参考にしてもらって、保護した子猫がいったいどれくらいの週齢なのかを見極めます。

① 明らかに人為的な遺棄であると思える場合は、直ぐに保護して、保温と授乳です。
既に低体温と脱水の場合は、動物病院へ直行して、診てもらってください。

保温にも、いろいろなやり方があります。
季節によっても違います。

授乳ですが、牛乳ではありません。
牛乳は、お腹を壊します。
子猫専用のミルクと哺乳瓶を購入してください。
この時期は、ミルクしか飲みませんので、缶詰やカリカリは、当然食べれません。
ミルクを飲ませる体勢は、人間の赤ちゃんのようにお腹を上向きにしてはダメです。
誤飲して、肺に入れば、大変危険です。
お腹は床下方向に向けた状態(4本足で立ってるような体制)で、飲ませます。
哺乳瓶の乳首を嫌がる時は、針の無いシリンジで、1滴ずつ、ゆっくりと飲ませます。

② 遺棄かどうか解らず、子猫が元気な場合は、母猫が餌を探して留守にしているのかもしれません。
引っ越し途中で、残された子猫かもしれません。
そう思う時は、触らずに、しばらくそっと様子をみてやってください。
時間が経っても母猫が現れない時や、弱ってきたと思われる場合は、保護してやってください。
その後は、①と同様です。

「増やさない! 捨てない! 終生飼育!」

これは、地球を支配している人間の責任です。


さ~て、話は変わって・・・
今日の恋坊ちゃんといつものジャージのオバハン (笑)

1437486057943.jpg

恋坊ちゃん。 可愛いねぇ  

1437486069562.jpg

恋ちゃんのあんよ、生えてきたら良いのになぁ。。。

1437486077084.jpg

「タクママおばちゃん、ジャージ、そろそろ捨て時やと、恋ちゃんは思うよ 

「恋ちゃん、何を仰る!  まだ、3年はイケルで~(笑)」

1437545388592.jpg

「お母ちゃん、ボクは悲しおます。。。」

1437545238382.jpg

「平和やのぅ~」

そんなこんなで、今日も過ぎゆく~~~  ちーん。。。




姫路のK様より、フリマ物資と、
「TNRの資金にしてください」とご寄附を頂戴しました。
いつも本当にありがとうございます。
心から感謝を致します。

1437486099991.jpg
1437486122977.jpg

1437486093067.jpg

葵姫に、フードとニャンモックも頂きました。
ありがとうございました。





にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


里親募集(猫)ブログランキングへ


★ランキングに参加しています★
皆様のポチが頼みの綱でございます 

関連記事
スポンサーサイト

| 保護活動他 | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/387-36b6805b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT