PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

里親詐欺に気を付けて!!!

春先からの子猫ラッシュで、私達のような活動をしていない方も、
捨て子猫や野良猫の子に、遭遇する場合が多くありますよね。

警察署や保健所に届けず、ご自分で保護をされるのは、大いに結構なのですが、
健康診断もしていない子猫を、
「子猫、拾った。誰か貰って!」
という、安易な里親探しは、危険だと思っています。

私達は、里親さんを決定するまで、保護猫にきちんとした医療もかけ、
十分に、時間をかけて、里親様を決めさせて頂きます。
もちろん、ご自宅にお届けし、お互いの身分も証明します。

何故、そこまでしないといけないか?
この事は、もう何回も書かせてもらってはいますが、
世の中には、虐待目的や、良からぬことに動物の命を使おうとする輩がいます。

「捨て猫、拾ったけど、うちでは飼えない。
困った、困った。
そうだ、TwitterやFacebookに載せて、里親探しをしよう!」

不特定多数の方が見れるネットは、善人ばかりではありません。

ましてや、
「自宅や最寄り駅まで、取りに来てくれる方」
なんて書けば、里親詐欺犯からすれば、格好の獲物。

目の前から、保護動物がいなくなれば、それで終わった訳ではありません。
命を預かり、命を繋ぐのです。
その子の、これからの幸せを約束してやる事が、本来の里親探しなんです。

安易な里親探しは、やめてください。
不幸を作るだけです。

どうすればいいのか解らない時は、愛護団体に相談するのも方法です。
愛護団体は、いろいろな情報も入ってきますから、最善の方法を教えてくれるでしょう。

私達のところにも、いろいろな相談がきます。
一緒に考えて、保護した子を幸せにしてあげましょうよ。

だけど、
「愛護団体だから、引き取って!」
という丸投げは、間違っています。

どの子も、みんな助けてあげたいと、常々思っていますが、相当の財力がある団体でない限り、不可能です。

そこのところは、保護した方の責任というものが生じます。
物ではなく、命ですから、よくよく考えて、
この子の責任を取れるだろうか?と、真剣に向き合って欲しいです。

私達も、保護する子達が、必ず里親様と巡り会えるかなんて、保証はありません。
だけども、巡り会えなくとも、その子の一生を守る約束で、保護をしています。

「命への責任」
真摯に向き合って欲しいと思います。




この世から不幸な動物がいなくなるように、お慈悲のポチ、お願いします。
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなりますので、お帰りの際は、ポチッとよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

| 保護活動他 | 11:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

勉強になります。

チーム命の輪の皆さんご苦労様です

仰られてる事、よく分かります。
厳しく言われるのは、「命」だからですよね。
安易に考えては絶対に駄目ですね。

命を預かり、命を繋ぐ
まさしく「命の輪」ですね。

陰ながら、ささやかながら、出来る限りの後押しをさせて頂きます。

| くまさん | 2015/06/27 12:10 | URL |

くまさんへ

返信が遅くなりまして、すみません (>_<)
コメント、ありがとうございます。

現在の日本では、動物の命は、まだまだ軽いです。
動植物の命を頂き、生かされている人間は、動植物に感謝こそすれ、無駄な殺生はしてはいけないと、私は思っています。

力強い応援、ありがとうございます。
嬉しかったです。

| チーム 命の輪 タクママ | 2015/06/30 23:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/361-b5767cfb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT