PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キジ子猫、片目は失明かもしれません(T_T)

命の軽さ
  ↑
4月24日にレスキューした7匹の子猫達。
3匹が即日入院し、2匹は亡くなり、1匹だけは何とか退院となったのですが・・・

1431396016728.jpg

上が、入院当日の写真です。


そして、退院してから、数日後が、下の写真になります。

1431395926769.jpg

真ん中にいる子がそうです。
何とか、片目は開きました。
元気もあります。


1431395921510.jpg

まだ少し、ショボショボはしていますが、開いた目は復活しています。



そして、今現在の様子は、下の写真です。

1431395931986.jpg

開いた目は、すっかり綺麗いになっています。
体重は、保護時230gから、現在は500gにまでなりました。

まだ片目がこんな感じなので、獣医さんに診てもらったのですが、
瞬膜で覆われてしまっていて、切開をしてみない限り、眼球が生きてるかどうかは解らない状態です。
切開するには、麻酔をかけないといけませんから、もう少し体重が増えなければ無理だという事でした。

原因は、猫風邪のウィルスによる結膜炎が酷くなり、瞬膜炎にまで至ってしまったから。

「ちょっと目やにが出てるな。 クシャミしてるな。」
と、早くに気づいてやって、動物病院へ連れて行き、目薬をさし、薬を飲ませてやれば、直ぐに治ったのです。

野良猫の子でもあるまいし、人が関わっていながら放置状態。
全くもって、悔しい限りです。

「動物は自分で舐めて治す」
って、アホみたいな事を言う人もいますが、治る訳ないです!

猫でも、強い弱いの個体差があって、中には稀に、放置でも生きていける子もいるでしょうが、
何らかの後遺症は残ってしまいます。
失明したり、慢性の鼻気管炎になって年中鼻がズビズビいってたり・・・

人間だって、風邪ひいて、早くに治療すれば、早く治りますよね?
放置したら、こじらせて肺炎までなったりする場合があります。

タクママは、人も動物も根本の考え方は同じではないかと思うのです。
かかる病気の種類や原因は違っていても、それに対処していく姿勢は同じではないのかなぁ?

動物が病気になっても、病院へ連れて行かない人は、
「たかだか犬猫だから、医療費がもったいない」
これに尽きるのでしょうかね???
悲しい考え方ですね。。。





可愛い白黒4兄妹の様子は、こちらから。
応援よろしくお願い致します 
   ↓
チャゴのほご猫預かり日記



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなりますので、お帰りの際は、ポチッとよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

| 保護活動他 | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/326-691b0fde

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT