FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「便利屋」になってはいけない!

あっちから、こっちから、相談があるのは、
無責任に、餌をやった結果、猫が増えてしまって、
ご近所から苦情が出て、何とかしてくれませんか?というのが、圧倒的に多いです。

「何とかしてくれませんか?」
この言葉には、
「猫を引き取ってください」
という意味が含まれています。

「ボランティアだから、やって当然じゃない?」
と、ストレートに言われた事もあります。

お役所ですら出来ない事を、一般市民のボランティアが簡単にできることではないですよ。
私が大金持ちなら、とーの昔に、無人島の一つも買い取って、不幸な犬猫達の楽園を、既に作ってますよ 

私も、猫ボラを始めた当初、後先の事も考えず、
ただ救えた事に自己満足をして、自分に酔っていた時期がありました。
猫の為、只々、猫の為にと、
猫の幸せが、自分の幸せと、それだけで満足でした。
救えた猫達が幸せになった事は、何の後悔もありませんし、
今でも猫の幸せが私の幸せであることは変わりがありませんが・・・

ですが、根本の原因を解決しない限り、何も変わらない結果に、考え方が変わりました。
一時的に、ボランティアが、そこに居る猫を助けても、
無責任な張本人に、自腹を切らせ、本気で困らせ、考えさせないと、
又、同じことを繰り返すのですよね 

猫を増やした張本人が解ってる場合、
一番苦しい、しんどい事を、ボランティアだけが被ってはいけないと思います。

「困ってたら、ボランティアがやって来て、手術して、保護してくれました。
あ~良かった!良かった!」
と、それで、終わりでは、ダメだと思うのです。
口では、「ありがとう。助かったわ」と、言うかもしれませんが、
心の中で「ラッキー!」くらいにしか思わない。
これでは、ただの便利屋ですよね 

何の苦労もしないで解決すれば、こんな楽な事はありません。
真剣に困るから、性根を入れて、解決策を考え、もう二度とこんな事は嫌だと、心に刻む。
それが、同じ過ちをしないと思う苦い経験になると思います。

まぁ、なかには、平気で、何回もやる懲りない方もいるし、
「一抜けた~」と、逃げ出す方も多いですがね・・・

今現在も、2件の相談があります。
どちらも、頭を抱えたくなる問題です。
「子猫が生れたら、目の開かないうちに、川に流す。それなら罪は少ないから」
と、平気な顔して言う人も、今でもいるのですよ 
さて、どうするかなぁと、鈍い頭を叩いております。


フリマ物資を頂きました。
K・M 様。 ありがとうございます。

1429619788001.jpg


そして、幸せ便りです 

そらちゃん(保護時 ちくわ)と、まめちゃん(保護時 とうふ)の里親様より 


1429618700205.jpg
1429618706002.jpg
1429618712503.jpg

すっかり美しい大人猫になりましたね 
里親様、幸せにして頂きまして、ありがとうございます。





にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


里親募集(猫)ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなりますので、お帰りの際は、ポチッとよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



| 保護活動他 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/304-cc937d79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT