PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

頑張っていた乳飲み子も、お星様になりました。

今日も、又、悲しいお知らせになってしまいました。

唯一、1匹で頑張ってくれていた乳飲み子も、昨日お星様になってしまいました。
どうにか、頑張って欲しいと、メンバー全員で祈っていましたが、叶いませんでした。
本当に、申し訳ございません。

パルボは、本当に恐ろしい病です。
今回、嫌というほど知らされました。

保護して、健康体にして、本当の家族を見つけてあげて、幸せにする。
これが当たり前の事だと思って、保護活動をやってきました。
実際に、今まで、メンバーほとんどが、今回のような悲しい現実に直面したことは、ほとんどありません。
余りに、悲しい現実に、心が折れそうです。
悔やんだって、もうどうしようもないのに、時計を逆戻りさせて、
子猫達に、もう一度、命を与えたい。
そんな事が出来たら、絶対に、絶対に、幸せを約束するのに・・・
子猫達、ごめんなさい。

1406976892974.jpg

元気。
せっかく怪我が治って、退院してきたのに・・・
痛い思いばっかりだったね。
ごめんね。


1406976635846.jpg

雪。
可愛い子だった。
幸せにできなくて、ごめんね。


1406976627745.jpg

白黒乳飲み子達。
小さな体で、一生懸命ミルク飲んでた。
可愛いつぶらな瞳が忘れられない。
貴方達の明るい未来を奪って、ごめんね。


1406976608712.jpg

4匹の乳飲み子兄妹。
半長毛の子もいた。
茶白と、グレー白の、2匹ずつ。
元気だったのに、ミルクも沢山飲んでくれたのに・・・
ごめんね。ごめんね。ごめんね。
いくら、謝っても、もう貴方達はいない。。。

私は、この罪を一生背負う。
本当に、本当に、ごめんなさい。


1406988934096.jpg

4匹兄弟と、何故か同じ段ボールで、遺棄されていた月齢の違う子猫。
名前は、パッツンです。
ボロボロの痩せこけた子でした。
本当は、一番体調が悪かったのです。
でも、運命の分かれ道だったのか、乳飲み子達とは離し、私の家で面倒みました。
乳飲み子達と一緒に連れて行こうかと、一瞬迷いましたが、
自力で食べれる子だからと、私の家におきました。
コクシジウムと回虫が出ましたが、駆虫して、今も元気でいます。
メンバーDちゃんが、ワクチン接種に連れて行ってくれて、エイズ・白血病もマイナスでした。
亡くなってしまった6匹の乳飲み子達の分まで、パッツンには、6倍の幸せをあげたいと思っています。

しばらくは、新たな保護は極力控え、今いる保護猫の行く先を考えたいと思っています。
メンバー全員、もう二度とこんな思いは嫌です。
二度と、同じ過ちを繰り返さないように、反省し、努力して参ります。
どうか、変わらずの応援をよろしくお願い致します。





関連記事
スポンサーサイト

| お星さまになった子達 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/145-8410d8a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT