FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「自然淘汰」という身勝手な理由

飢えた野良猫を見つけて、「可哀想」だという気持ち。
それは、とても優しい気持ちだと思います。

「野良猫を見つけ、可哀想だと思ったから、餌をやった。
餌をやっていたら、何だか、野良猫のお腹がどんどん膨らんで、
しばらくしたら、お腹はペッチャンコになってた。
その1か月後、野良猫は、5匹の子猫を引き連れてやってきた。

小さな子猫、可愛いなぁ~
子猫にも餌をあげるよ、沢山食べてね。

5匹いた子猫は、日にちが過ぎるほどに、
1匹、1匹、来なくなった。

どうしたのかな?
言葉を話さない母猫からは、事情は聞けない。

ふと見ると、小さな子猫の目が、目ヤニで塞がって、動けなくなっていた。
何も手を出さず、いつものように、餌だけを与えていた。
子猫は、もう息をしていなかった。

5匹の命を生んだ母猫が、守れたのは、たった1匹の子猫。
かろうじて生き延びた、たった1匹の子。」


猫の繁殖率は、鼠算とも言われます。
ですが、野良猫社会では、現実に、生まれて成猫にまで育つ子猫は、半分もいません。

お腹も満たされ、安全な場所で子育てを出来る場合なら、子猫は、全頭育つ事も不可能ではありません。
が、現実は、そうではない。

「子猫が産まれても、みんな元気に育たない。
だから、そんなに増えないの。
それが、自然淘汰だからね」

無責任な餌やりさんは、みんな、そう言います。

「それが自然だからね」
って・・・

「自然」
って、何ですか?

人間が餌を与えた時点で、それは、自然ではないです。
人間と共に、身近で暮らしてきた犬猫にとって、自然って、何?

餌だけ与えて、不妊手術もしないで、繁殖を野放しにして、
死にゆく子を、「自然淘汰」と、言い放つ。

生まれてきたなら、寿命を全うしたい!
それは、全ての命が、望むことではないですか?
人間社会の地球だから、人間には、命の尊厳が与えられてはいるけれど、
人間が、関わった動物の命を守る事は、人間の責任だと思います。

野良猫に餌をやるなら、不妊手術をしてください。
生まれてきても、守れない命は、望んではいけないと思います。





1557666421107.jpg
当会は、別室にて、フリマもさせて頂ける事になりました!
全国の皆様から頂きました物資を、販売致します。
売上金は、全て、保護っ子達に使わせて頂きますので、
どうぞ、皆様、こぞってお立ち寄りください。
掘り出し物が沢山ございますよ~

1560575360284.jpg
北別府譲渡会と、同日の譲渡会に、メンバー宗さんが、保護っ子5匹を連れて参加します。
こちらの方へも、どうぞ来てくださいね!

1559385680233.jpg




保護っ子「なる」の様子は、チャゴさんのブログを、ご覧くださいね。

野良猫のTNR病院はこちらへ→のら猫クリニック兵庫

ピュリナワンのご購入は、こちらから→ネコダスケ アンバサダー




応援ポチお願いします♪


ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。押して帰ってねー 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ

ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなっております 




関連記事
スポンサーサイト



| 想い | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/1446-842f1936

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT