FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

産ませて幸せが待っているのだろうか?

先日捕獲した15匹の野良猫達は、無事に不妊手術を終えて、
元の場所へと帰って行きました。

1524576069940.jpg
1524576065372.jpg

※今回、捕獲ご依頼のA様とY様から、ご寄付を頂きました。
ありがとうございます。

今の時期、捕獲した雌猫は、ほぼ妊娠していて、堕胎になります。
今回も、妊娠している雌猫が多数いました。
お腹の中に、3匹から5匹の胎児。
堕胎しなければ、数十匹の子猫が生まれているところでした。

タクママは、何度も何度も書いているけれど、
生まれてくる命に責任が持てないなら、生ませてはいけないと思います。
「生まれても全部育たないから」
とか、
「自然淘汰」
だとか、人間の勝手な理由で、片付けて欲しくはありません。

犬も猫も、動物は、みんな本能で生きています。
発情期がくれば、交尾し、妊娠します。
この場所では子猫が育たないから、妊娠はやめようなんて、猫は思わない。
出産が可能な限り、子猫を産み続けます。

「餌をやってる野良猫のお腹が大きい。どうすれば良いですか?」
という相談事が圧倒的に多いです。
野良猫が置かれている厳しい現実をご存知のお方は、
「捕獲して、堕胎手術をお願いします」
と、仰います。

ですが、「自然淘汰」等と勝手な理由をつける方は、
堕胎手術を断固として、拒まれます。
あと数週間で、1匹の猫が、5倍に増えます。
妊娠してる雌猫が、3匹いれば、数週間後には、20匹近くになるわけです。
恐ろしくないですか?

「どうせみんな育たないから」
育たない命を生むことは、不幸ではありませんか?
猫も命をかけて、子を産むわけです。

そもそも、餌を与える時点で、もう「自然」ではありませんよ?
犬や猫は、野良犬だろうが、野良猫だろうが、人間に依存して生きる動物なのです。
そういう風に、人間が作ってきた動物なのです。

人間が支配する地球の中で、穏やかに暮らすために、犬や猫の愛玩動物は、人間の支配下に置かれています。
野良猫の不妊手術だって、猫は決して望んでいませんが、
そうしないと、地域の野良猫問題や、最後は猫だけが責任を取る殺処分になるのです。

一時的な「可哀想」は、不幸の連鎖でしかありません。
「可哀想」と思うなら、どうぞ、貴方の家に連れて帰って、家猫として生涯守ってやってください。
それなら、何の問題も起きません。
但し、ちゃんと不妊手術を行って、しっかりと管理をしてのお話ですが・・・

小さな命は、人間が守ってやらないといけないのです。
「堕胎」を拒否した結果、最悪な事にならないようにと願っています。





o0609084714170301580.png

さぁ、今度の日曜日は、第3回目の「ふぁみりーにゃんガーデン」
保護っ子も連れて行きますよ!
譲渡会に、フリマに、アニマルコミニケーション等のセッション、
盛り沢山のイベントです 
GWの初日は、是非是非、「ふぁみりーにゃんガーデン」へお越しくださいね~ 




保護っ子「ひな」の様子は、メンバー グレースママのブログを、ご覧くださいね  

頑張ってねの応援お願いします♪


ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。押して帰ってねー 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ

ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなっております 






関連記事
スポンサーサイト



| 保護活動他 | 08:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/1163-6c972bdf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT