FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「命」に責任を持つ。

お蔭様で、残ってる保護っ子に、ボチボチとご縁を頂いております 
明日は、「姫まる」のお見合い。
その次は「テオ」
みんな良いご縁だと良いなぁ~ 

今日も暖かい一日でした。
息子家族と一緒に、コストコへ行きました 
買い物をして、我家で一緒に夕飯を食べました。
その時、テレビで、「天才!志村どうぶつ園」の番組が流れていて、
「わさお」の飼主の女性が、去年に亡くなっていたことを、タクママは初めて知りました。

「わさお」は、私が一番好きな犬です。
あの風貌がなんとも言えず可愛くて、特集があるたびに見てました。
犬を飼うなら、「わさお」のような犬が良いなぁって、いつも言ってました。
現実には叶いませんでしたが・・・ 

野良犬だった「わさお」が、飼主さんと出会って、
ネットで有名になって、、TVにも登場して、地域の観光にも貢献して・・・
とても運の良い子だと思います。

普通なら、野良犬は、即行捕獲されて、処分。
雲泥の差ですね。
人間と同じで、運命って、動物にもあるのかもしれません。
悲しいけどね・・・

飼主が先に亡くなっても「わさお」には、今の生活は変わることなく保障される。
本当に良かったと思います。
TVやネットの力かもしれませんが、それはそれで、本当に良かった。

だけど、巷では、そんな恵まれた環境に無い犬猫は、
飼主が亡くなったり、入院したりすると、
たとえ親族がいても、邪魔者扱いで、「面倒みれません」となる。
優しい方の目にとまって、「次の飼主さんを探そう」って事にならない限り、
物言えぬ犬猫の命は、処分へと進んでいく。

とても悲しい事です 
動物の一生も、人間の一生と同じ。
ただ種類によって、寿命が違うだけ。
赤ちゃんで生まれて、老いて死ぬのも同じです。
老いていけば病気にもなる。
身近にいる犬猫は、人間の縮図のように思います。

せっかく巡り会って、縁があって家族になった犬猫を、どうか、最後まで看取ってやって欲しい。
病気になっても、老いて呆けていっても、みんな丸ごと愛してはもらえませんか?
最後を「殺処分」で終わらせてほしくはありません。
守ってやれるのは、人間だけです。



1515238955906.jpg

チーム命の輪イベントチラシ

動物に優しい日本になるように、たとえ小さな一歩でも、
私達は努力します。



頑張ってねの応援お願いします♪


ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。押して帰ってねー 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ

ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなっております 


関連記事
スポンサーサイト



| 想い | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inotinowah.blog.fc2.com/tb.php/1096-1c30af8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT