FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

相談と保護が、続きます (T_T)

タクママ、ちょっと疲れてしまって・・・
二日もブログを書かなくて、本当にすみません 

又、猫に噛まれた事を、ご心配頂き、ありがとうございました。
猫に噛まれ過ぎて、免疫が出来ているのか(笑)
まだ痛いですが、大丈夫です 


一日が、とっても早いです。
もう7月だしねぇ 

毎日、いろんな猫の相談が入ります。
都会だけでなく、田舎にも「TNR」が浸透してきた事は、とても嬉しい事です。
時間がもっとあったらなぁ、
どんどんお手伝いが出来るのですが、
皆さんのご希望に添えない事も多々あり、申し訳ないと思っています。

保護っ子も、この一週間で、10匹以上も増えまして 
いったい、今何匹居るのかも、数えたくない心境です。

保護っ子もぼちぼち、里親様のところに行ってはいますが、
もう限界で、保護はできません 
メンバー宅も、預かり様宅も、一杯です。

幸せを掴んだ子、新たな保護っ子、
おいおいにご紹介させて頂きますね。


~~~ご寄付を頂いております~~~

DSC_2462.jpg
O様、いつもありがとうございます。

DSC_2472.jpg
幸ちゃん(保護時 イチ)の里親様より。
沢山のフード、ありがとうございます。

DSC_2471.jpg
ななちゃん(保護時 るり)の里親様より。
ありがとうございました。




1559385680233.jpg
次回から、当会主催で行う事になりました。
プチフリマもやりますよ 
沢山のお客様をお待ちしております。

1560575360284.jpg

1560072832088.jpeg
別室にて、フリマを開催致します。
全国の皆様から頂きました物資を、販売致します。
売上金は、全て、保護っ子達に使わせて頂きますので、
どうぞ、皆様、こぞってお立ち寄りください。
掘り出し物が沢山ございますよ~



保護っ子「なる」の様子は、チャゴさんのブログを、ご覧くださいね。

野良猫のTNR病院はこちらへ→のら猫クリニック兵庫

ピュリナワンのご購入は、こちらから→ネコダスケ アンバサダー
      ※ どなた様でも購入できます。



応援ポチお願いします♪


ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。押して帰ってねー 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ

ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなっております 




スポンサーサイト

| 想い | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「自然淘汰」という身勝手な理由

飢えた野良猫を見つけて、「可哀想」だという気持ち。
それは、とても優しい気持ちだと思います。

「野良猫を見つけ、可哀想だと思ったから、餌をやった。
餌をやっていたら、何だか、野良猫のお腹がどんどん膨らんで、
しばらくしたら、お腹はペッチャンコになってた。
その1か月後、野良猫は、5匹の子猫を引き連れてやってきた。

小さな子猫、可愛いなぁ~
子猫にも餌をあげるよ、沢山食べてね。

5匹いた子猫は、日にちが過ぎるほどに、
1匹、1匹、来なくなった。

どうしたのかな?
言葉を話さない母猫からは、事情は聞けない。

ふと見ると、小さな子猫の目が、目ヤニで塞がって、動けなくなっていた。
何も手を出さず、いつものように、餌だけを与えていた。
子猫は、もう息をしていなかった。

5匹の命を生んだ母猫が、守れたのは、たった1匹の子猫。
かろうじて生き延びた、たった1匹の子。」


猫の繁殖率は、鼠算とも言われます。
ですが、野良猫社会では、現実に、生まれて成猫にまで育つ子猫は、半分もいません。

お腹も満たされ、安全な場所で子育てを出来る場合なら、子猫は、全頭育つ事も不可能ではありません。
が、現実は、そうではない。

「子猫が産まれても、みんな元気に育たない。
だから、そんなに増えないの。
それが、自然淘汰だからね」

無責任な餌やりさんは、みんな、そう言います。

「それが自然だからね」
って・・・

「自然」
って、何ですか?

人間が餌を与えた時点で、それは、自然ではないです。
人間と共に、身近で暮らしてきた犬猫にとって、自然って、何?

餌だけ与えて、不妊手術もしないで、繁殖を野放しにして、
死にゆく子を、「自然淘汰」と、言い放つ。

生まれてきたなら、寿命を全うしたい!
それは、全ての命が、望むことではないですか?
人間社会の地球だから、人間には、命の尊厳が与えられてはいるけれど、
人間が、関わった動物の命を守る事は、人間の責任だと思います。

野良猫に餌をやるなら、不妊手術をしてください。
生まれてきても、守れない命は、望んではいけないと思います。





1557666421107.jpg
当会は、別室にて、フリマもさせて頂ける事になりました!
全国の皆様から頂きました物資を、販売致します。
売上金は、全て、保護っ子達に使わせて頂きますので、
どうぞ、皆様、こぞってお立ち寄りください。
掘り出し物が沢山ございますよ~

1560575360284.jpg
北別府譲渡会と、同日の譲渡会に、メンバー宗さんが、保護っ子5匹を連れて参加します。
こちらの方へも、どうぞ来てくださいね!

1559385680233.jpg




保護っ子「なる」の様子は、チャゴさんのブログを、ご覧くださいね。

野良猫のTNR病院はこちらへ→のら猫クリニック兵庫

ピュリナワンのご購入は、こちらから→ネコダスケ アンバサダー




応援ポチお願いします♪


ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。押して帰ってねー 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ

ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなっております 




| 想い | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コメントを頂いたので・・・

ここ数日で、沢山の保護っ子にご縁を頂きました。
明日に、ご報告させて頂きますね 

タクママは、金曜日から、孫三昧です 
毎日、てんやわんやの大騒ぎです。


「元気」がトライアルに行ったとの記事に、コメントを頂きました。

「昨年、もらった子猫(野良)の2匹のうち一匹が、家庭内野良になってしまいました。
元気くんの記事を読み、同じだ!と思いました。
閉じ込めたら可哀想と、フレンドリーな子と一緒に、ケージは夜だけにしていたのですが、今では夜も家のどこで寝ているのか分かりません。
食べる時ちらりと姿を見る位で、顔が会うと全力で逃げてしまいます。
たまに、リビングでくつろぐ姿も見ますが、動くとさっと逃げてしまい、触る事すらできません。
他の子とは仲良くやっていますが、この先どう接したら、なついてくれるでしょうか。
爪切りや健康診断もしたいし・・・
アドバイスお願いします。」


との事なので、タクママ的なやり方のご紹介です 

が、先ず最初に・・・
長く野良猫生活をしていた生粋の野良成猫が、絶対に人に慣れるとは限らない事もお伝えします。
どんなに努力しても、人馴れしない猫はいます。

ですが、触れなくとも、家の中で暮らさせて、家庭内野良で良いよって思われるなら、
家に保護してあげるのも一案です。
「外に出せー」と、泣き叫ばない限り、その猫は、空腹からも、外の危険からも、守られます。
だけど、爪切りも出来ませんし、何か病気になっても、家庭内捕獲をしない限り、確保はできませんが・・・

家庭内野良猫の子は、猫とは、とても仲良く暮らせます。
だから、人に構ってもらわなくとも、ちっとも寂しくありません。
ご相談者の猫ちゃんも、同じだったのでしょうね 
仲良しの子がいるから、人に依存しなくても、何も困らなかったのでしょう。

保護して、人慣れがイマイチな猫は、最初からフリーにしてはいけないです。
先ずは、ゲージから慣れさせます。
出来るだけ広い二段~三段ゲージに入れて、シーツやタオルケット等でゲージを被い、
餌と水は置きっぱなしにして、初めての環境に対し、静かに落ち着かせます。

ゲージを置く場所は、リビング等、いつも人が居る場所が良いです。
静かにさせてやる思いで、人気のない部屋にゲージを置くと、慣れさせるのに時間がかかります。
姿は見えないけれど、声は聞こえる。
そんな環境で、徐々に落ち着かせ、
被せているものを、少しずつ外していきます。
一気では、ビックリするので、三段目くらいから、被いを外していきます。
隠れる場所がある事が、猫には安心するのです。

時間をかけて、被い物を外せたら、
今度は、アイコンタクトをとりながら、皮手袋を着用し、そっと体に触れてみます。
仮に、噛まれたとしても、驚かず、騒がず、手を引きます。

とにかく、焦らない事です。
猫には、猫の、納得する猫時間があります。
それは、決して、人間社会の1日24時間ではありません。

手からフードを食べるようになっても、もう大丈夫だとは思わず、
本当にリラックスできているのか?
信頼関係が築けているのか?の、見極めをします。

少しずつ、ゲージから出し、フリーにしてみます。
その時は、部屋の扉を閉め、逃げ込める場所がないように、配慮します。
猫も、猫を被っていますから、賢いです 

ゲージから出しても、落ち着き、甘える姿が見れれば、もう大丈夫です。
時間がかかりますが、決して焦らないこと。
それに、尽きます。

ご相談者様の場合は、あと一歩のところで、完全フリーにしてしまったので、
もう一度トライをするならば、0から始めます。
先ずは、猫を家庭内捕獲し、ゲージに入れます。
しばらくは、出せと泣き叫びますが、ここは、グッと我慢です。
猫と人間の、根性比べになります。
上記の方法で、今一度、トライしてみてください。
ただし、猫にストレスはかかりますから、健康状態をみながら、行ってください。



1556439655372.jpg
昨日、メンバーが子猫を保護しました。
GW開けて、一斉捕獲に入る現場です。
既に、2匹は、ご希望者さんがおられますが、
残りの、♀2匹(キジ・サバトラ)は、里親様を募集しています。
まだ、350gの小さな子猫です。
生後1ヵ月、エイズ・白血病は陰性。
健康診断、駆虫済です。



野良猫のTNR病院はこちらへ→のら猫クリニック兵庫


応援ポチお願いします♪


ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。押して帰ってねー 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ

ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなっております 




| 想い | 22:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野良母猫が連れている乳飲子猫は、絶対に触らないでください!

新しい元号が発表されましたね。
昨日、タクママも、孫と一緒にTVを見ていました。

「令和」
聞き慣れない言葉でしたが、美しい響きですね 
天災が沢山あった「平成」と違って、幸せな毎日であれば良いですね。

舅は、腹水が溜まり、体がむくんできました。
最期の時が近づきつつあるようです。
「畳で死ねない」と、よく言いますが、病院で最期を迎える人が9割だそうです。

姑に、
「最期が見えているなら、家に連れて帰って来てやったらどう?」
と、言いましたが、
「家での介護は無理。私が寝られない。」
と、言いますので、
やっぱり病院での最期しかないようです。
女は強いなと、思った瞬間でした。


ぼちぼち乳飲子が生まれる時期がやって来ました。
今日入った相談事。

「餌をやってる野良猫が、三日前に子猫を産んだから、引き取って欲しい」
というものでしたが・・・
お断りしました。

人間がどんなに頑張っても、母猫に勝る育児はありません。
タクママはそう思っています。
なので、
「全ての子猫を救いたいなら、母猫ごと家に入れて、子育てをさせてやって欲しい」
と、申し上げました。

しばらくして、又電話があり、
「母猫が、子猫を連れて行ってしまった」
と。。。

野良母猫は、ずっと同じ場所で子育てはしません。
安全な場所を求めて、子猫と共に移動します。
母猫は、子猫を一匹ずつ、口にくわえて、新しい場所に移動します。
移動している最中、子猫だけが取り残されている訳なので、
そんな場面を見つけても、しばらくは見守っていて欲しいのです。

決して早まって、捨て猫だとは思わないで欲しいです。
母猫は、人間の匂いがついた乳飲み子を、育児放棄する場合があります。
そんな事にならないよう、子猫がいても、決して触らず、しばらくは見守る事です。
母猫は、そう遠くない場所を、新たな育児場所に選んでいますから、30分もしない間に戻って来ます。

話が横にそれましたが、今回の相談も、
「あぁ、母猫は、危険を察して、子猫を移動させたのだな」
と、思いました。
「それならば、母猫に餌さえ与えていれば、又必ず子猫を連れてきますから、
その時に、子猫を保護して里親様を見つけましょう。
母猫も、捕獲して、避妊手術をやりましょう」
と、申し上げました。

しばらくして、又電話がありまして・・・
「娘(成人)が、一匹の乳飲子を部屋に連れて入っていた。
今から、外に戻しても良いか?」
という内容でした。

は?
何で?
目も開いてない乳飲み子を、単に可愛いからと、部屋に入れたの?
生きたオモチャじゃないですよ?
突然親兄弟と離された子猫の気持ち、解りますか?
どれだけ不安だったか、ひもじかったか、解りますか?

小さな子猫は、体温調節もできません。
親と居るから、兄弟と丸まってるから、安心して眠れるのです。
生後三日の、目も開いてない乳飲み子が、一匹で生きていけるはずはない。

いくら知識が無かったとはいえ、成人した人間のすることではないです。
人間の赤ちゃんだって、同じこと。
何で、そんな事が解らない?

「もう外へは戻さず、保温して、3時間おきに猫用ミルクを与え、育ててください」
と、言いました。
この寒空に放置すれば、一瞬で乳飲子の命は尽きる。

私は、何回も何回も、ここに書いているけれど、
金魚だって、亀だって、もちろん犬も猫も、何かの生物を飼おうと思ったら、
知識をもって飼育して欲しい。
ネット社会の現代では、調べたら直ぐに情報を得る事が出来ます。
ネット環境にないなら、本屋に走って、飼育本を買えばいい。

命を育むということは、そう言う事です。
その命に向き合い、最上のお世話をする。
それが出来なければ、命に関わってはいけません。


1554126162841.jpg
「一休」
お母ちゃんは、「一休」とずっと一緒に居たいよ 



次回の譲渡会です。

1553393949606.jpg

保護っ子「みかん、かぼす」の様子は、メンバー グレースママのブログを、ご覧くださいね  

野良猫のTNR病院はこちらへ→のら猫クリニック兵庫


応援ポチお願いします♪


ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。押して帰ってねー 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ

ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなっております 






| 想い | 20:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

価値観の違い

あちこちで起こる「多頭崩壊」を見たり聞いたりする毎に、
いつも思う事があります。

一般のご家庭で飼育できる頭数って、何匹だろう?
居住空間、お世話出来る人数、経済力・・・
その他にも、飼育する動物の性格等、考えなくてはいけない事柄が多数あると思います。

大金持ちで、大豪邸に住み、お世話出来る人が沢山居るなら、
いくらでも多頭飼いは可能と思いますけれど、
一般庶民が抱えられる頭数は、絶対に限られていると思うのです。

愛情だけでは育てられないし、
世話だけしてたらOKってものでもない。

衛生管理が行き届いた環境で、
栄養のあるフードを与え、
健康管理を徹底し、
尚且つ、みんなに不可欠の愛情を与えられる。
それがベストだと思います。

人それぞれ、境遇は違うので、その境遇にあった適正頭数が大事。
無理をすれば、人間も動物も不幸でしかありません。
フードが足りないことを、愛情でカバーする事はできない。
不衛生な環境は、病気を蔓延する。
病気になっても、病院へ行く経済力がないなら、動物と関わってはいけないと思います。

動物を飼う事は、お金がかかります。
「中外飼いで、猫マンマ」のような飼育をする昭和の時代は、終わりました。
飼育する動物の命に、最期まで愛情と責任をもつ事が、今の時代の飼い方です。
それが出来なければ、飼う資格はないです。

関わった人間によって、動物たちの一生も、命も左右される。
幸せにしてやらないと!
同じ命ですから・・・


1553355969377.jpg
「マリオ」
体重は、一週間で、1.5倍になりました。
大切な目を、失いさせたくはない。
頑張ろうね!

1553355976380.jpg
うちの猫に甘える「元気」
明日の譲渡会、頑張ろうね!

1553355983070.jpg
明日、譲渡会初デビューの「名々」
性格は、ピカイチです。
人見知りも、家見知りもしない。
ご縁がありますように・・・


たつの市多頭崩壊の猫達に頂きました。

1553355996759.jpg
アマゾンから届きました。
お名前がなかったので、何方かは解りません。
ありがとうございました。

1553355991164.jpg
毬ちゃんの里親様が、持ってきてくださいました。
いつもありがとうございます。
今日は会えて良かったです 
嬉しかった~


明後日は、譲渡会です。

1550054726785.jpg

当会からも、多数の保護っ子が参加を致します。
長く保護してる子達に、良いご縁がありますように・・・


野良猫のTNR病院はこちらへ→のら猫クリニック兵庫


応援ポチお願いします♪


ランキングが上がれば、沢山の方の目にとまります。
保護っ子達の道が開けます。押して帰ってねー 
   ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



里親募集(猫)ブログランキングへ

ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みとなっております 





| 想い | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT